オスグッドの痛みを和らげるストレッチ

   

オスグッドの痛みを和らげるストレッチ

ここでは、オスグッド病の痛みを驚くほど和らげる、初めてでも簡単にできるストレッチを紹介します。

オスグッド病で痛くなるのはこの膝下の部分です。

オスグッド病は大腿四頭筋の付着部である膝下の骨の部分(脛骨粗面)を過剰に引っ張ることで、その部分に炎症が起きて発症します。

症状としては押すと痛い、正座で当たると痛いほか、ジャンプやダッシュなど膝に力が入る運動で痛みがでます。酷くなると階段でも痛みが出るようになったりもしますが、日常生活に大きな支障がでることはあまりありません。

また、オスグッド病は成長痛とも呼ばれ、背が急激に伸びる成長期に起こりやすく、スポーツ活動をしている子に特に多いです。

成長期に起こりやすい理由として、骨が急激に伸びた際に筋肉の長さが骨の成長に追いつかず、付着部で骨を引っ張ってしまうというのが挙げられます。

また、この時期に足に負担のかかるスポーツをしていると、疲労にによる筋緊張がさらに張力を強くして、発症しやすくなります。

子供の筋肉は弾力があり丈夫な一方、骨は成長するために柔らかくできているのも原因のひとつです。大人になるにつれ、この逆になっていきます。

オスグッド病の原因となる筋肉の大腿四頭筋は主に膝を伸ばす働きがあり、かなり強い力を発揮することができます。

具体的な動きとして、ダッシュやジャンプなどで特に強く力を発揮します。

このダッシュやジャンプで大腿四頭筋を酷使した後には、ストレッチが効果的です。

スポーツの前後にストレッチを全くしない人はオスグッド病も発症しやすく、また悪化しやすい傾向にあります。

股関節や足首周りの筋肉が弱かったり、扁平足がある場合などはそうでない人と比べて、オスグッド病になりやすい傾向にあります。

また、間接的に靴を変えた、硬い路面を走るようになった、練習内容が変わった(キツくなった)などをきっかけに痛みがでてくることもあります。

オスグッド病では、発症後必ずしも安静にしなければいけないわけではありません。

ストレッチやアイシング、運動量やメニューの調節をしながら競技を続けていくことも十分可能です。

しかし、長期間に渡り、痛みを我慢していると、骨が引っ張られて隆起(出っ張る)してきます。
これは、一度隆起してしまうと元には戻りませんが、外見上の問題だけで治ってしまえば痛み等が残ることはありません。

ごくまれに、骨の成長が止まっても痛みが残存し、レントゲンで遊離した骨片が認められる場合には手術の適応となります。

オスグッド病のストレッチ

オスグッドではまず、原因となる大腿四頭筋のストレッチが重要になります。

大腿四頭筋のストレッチ

①立った状態で、壁に手を着きます。
②伸ばしたい方の脚の足首を持ち写真のように膝を曲げていきます。
③伸びている感じがする所で止めて30秒程キープしてストレッチしていきます。

※伸ばしている脚の膝が身体より前に出ないように注意してください。

おしり(大殿筋)のストレッチ

オスグッド病の子で、おしりの筋肉の硬さが股関節の動きを邪魔してる場合がよくある為、おしりのストレッチも合わせて行なってください。

その他、アイシングや練習量の調節、クッションの強い靴にする、股関節や足首周りの筋肉の強化など、原因に合わせて行うようにしてください。

また、痛みを我慢して競技をするなら、テーピングをして少しでも負担を軽くすることをオススメします。

テーピングの詳しい巻き方はこちら
http://taping8.com/category9/osgood.html

オスグッド病は適切にストレッチなどのケアをしていけば、スポーツしながらでも十分治していくことができます。
ただ、練習量や内容の調節などは必要になると思いますので、痛みの具合をみながらあまり強い痛みがでないようにしていきましょう。

 

医療機関には念のため整形外科に一度行ってレントゲンを撮っておいてもいいでしょう。
継続的にかかるなら、リハビリに力を入れているスポーツ整形やスポーツトレーナーの人がやっている整骨院などがいいでしょう。

Sponsored Links

-Sponsored Links-




 - 痛みに効くストレッチ