Episode5 : インターネットで詐欺にあった話②

   

Episode5 : インターネットで詐欺にあった話②

2015/11/29

 

こんにちわ。

 

今日は前回に引き続きインターネットで詐欺にあった話をしたいと思います。

 

まだインターネットで詐欺にあった話①を読まれていない方はこちらから。

 

 

入金の確認の連絡がなくて調べだしたら偽サイトだということはすぐにわかりました。

 

すぐにわかるんだから、買う前に調べとけというのはなしでお願いします。

 

 

 

ところで、新しい話をする前にちょっとここでこれまでで怪しいと思った点についてまとめておきたいと思います。

 

①支払い方法が銀行振込のみ。
 
②今時ネット通販で楽天・ヤフー・アマゾンなどを経由していない。
 
③楽天に同じショップ名のサイトがある。ロゴも同じ。
 
④サイト名で検索してもそのショップが出てこない。
 
⑤メールの日本語がおかしい
 
⑥「サイト名 詐欺」で検索しても被害を書いたものは見つからなかった。(一応少し調てべたんです)
 
⑦他のサイトではどこも売り切れだった。

 

 

完全に怪しいと思って調べだす前にわかっていたことはこれくらいです。

 

これだけわかってたら、もう十分アウトな感じもしますが、決定的ではないし、偽サイトの知識がなかったんです。

 

 

それで、振込してから2日経って怪しいと思って調べだして、一番最初にしたことはそのサイトに連絡することです。

 

それで、連絡しようと思って電話番号を探すと・・・

 

 

電話番号なんか載ってないんですよね。

 

住所もないし。

 

 

そりゃそうか。

 

もう半ば諦めてますから驚きとかそんなになかったですけどね。

 

 

それで次にしたのは、楽天の同じ名前のサイトに電話で連絡して事情を説明して

 

「Plan-K 通販ってサイトありますか?」

 

って聞きました。

 

 

そうすると、丁寧に

 

「Plan-Kの名前で出しているのは楽天のみになります」

 

と答えて頂き、そこでめでたく騙されたことがほぼ確定しました。

 

まだ2日しか経ってないので、1%ぐらいはロゴと名前をパクっただけの通販サイトの連絡が遅れているという可能性を残しています。。。。。

 

 

 

残していません(泣)

 

 

 

それでめでたく詐欺確定だということで、この先は騙されたらどうするのかをネットで調べました。

 

そしたら偽サイトの情報がでるわでるわで、日本語がおかしいとか銀行振込だけとか、もうこのサイト書いてある情報そのものなんですけど。。

 

で肝心の騙されたらどうするかということに関しては

 

①警察に被害届をだす。
 
②振り込んだ銀行に連絡する。

 

でした。お金が返ってくる可能性は低いとのことでした。

 

警察もすぐには動かず、被害届が多くなれば動かざるを得なくなって動くから、とにかく被害届を出さないことにはということが書いてありました。

 

銀行は詐欺の口座だということがわかればその口座を凍結して、お金が残っていればそこから返金してもらえるということが書いてありました。

 

 

 

 

 

それで、警察にと思ったんですが、まだ2日しか経ってないというところがひっかかって、消費者センターに相談してみました。

 

消費者センターの方の対応は慣れていて、事情を説明すると聞かれたことは

 

「住所と電話番号は書いてありましたか?」

 

ありません

 

「振込口座の名義は中国名ですか」

 

いいえ日本人です

 

「振り込んだ後連絡が来ないんですか?」

 

来ないです

 

「まだ2日しか経ってないので、連絡が遅れている可能性もありますけど、限りなく怪しいですね」

 

そうですね。。。。

 

でどうしたらいいいか聞いたら、まず、銀行に電話してそれから警察に連絡の流れだそうです。

 

口座にお金が残っていて、凍結してもらえれば返ってくる可能性もあるとのことでした。
それで最後に力強い言葉を言ってくださいました。

 

「今まで1件だけお金が返ってきたという事例をお聞きしたことがあります。」

 

・・・・・・・・一件だけ。いや、可能性はある!ということですね!

 

まあほぼ諦めているので、別にいいんですけど。やれることはやっとかないとね。

 

 

 

 

 

それで、振り込んだ銀行の電話番号をネットで調べると振り込め詐欺被害資金の返還に関するお問い合わせという窓口があったので、「振り込め詐欺」にあたるのかわかりませんでしたけど、そこに連絡してみました。

 

そうすると、対応は手慣れていて、かつ迅速。ここで間違いなかったことがすぐにわかりました。

 

事情を説明すると聞かれたことは消費者センターと同じことで、電話番号と住所があるかとか名義が中国人かどうかとかそんな感じで、あとは口座の支店・番号・名義、振込金額でした。

 

そうすると、口座を確認するので10分程お待ち下さいとのことで、電話を切って少し待ちました。

 

 

 

 

 

 

ここで思ったんですが、消費者センターに電話した時も、楽天の本物のサイトに連絡した時もそうだったんですがサイトのURLとか聞かないんですよね。きっといっぱいありすぎていちいち対応しきれないんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

すると、10分も経たない内に電話がかかってきて、口座の確認ができましたと。

 

その口座は凍結されたばかりだと。

 

「!!?」

 

「他にも同じような人がいたということですか?」と俺。

 

「はい」

 

「口座に32万うんちゃら円残ってましたので、これを被害者の方で分配することになります。」と銀行マン。

 

 

マジか!!!
やったぜーー!

 

不幸中の幸いとは正にこのことだな。

 

あとは、手続きの用紙をお送りするので書いて出して下さいとのことで、返金には半年ぐらいかかるとのことでした。

 

どうゆう分配方式をとるのかは聞かなかったんですが、まあ全額は無理でしょう。きっと雀の涙ほどだと思いますが。それでも少しでもお金が返ってくるということと、ここで、ほぼこの事件が終結になるということでホッとしました。

 

警察に被害届けを出しに行かないといけないかと思ってたんで、それはきっと電話では無理だろうから少し面倒だと思ってたんですけど、これで行く手間が省けました。

 

 

 

いやー長い戦いもこれで終わりました。

 

まあ文章で書くと長い感じがしましたが、調べだしてからは早かったです。

 

 

できれば犯人が逮捕されるのが望ましいですがきっとそれは難しいことなんだと思います。私は口座が凍結されて、少しでもお金が返ってくるということに満足することにします。

 

この記事を読んでいる方がこれから同じような詐欺事件に遭わないことを願っています。

 

気をつけてください!!

 

私が騙されたサイトはこちらです。
そのうち削除されると思いますが。

 

Plan-K偽サイト http://www.aaivacov.pw/

 



Sponsored Links

-Sponsored Links-




 - 俺がヨガを始めた話