Episode10 : 頭立ちのポーズ 練習法

   

Episode10 : 頭立ちのポーズ 練習法

2015/12/25

 

こんちわ~!!
世の中はクリスマスのようですね。まあ私も昨日はクリスマスケーキを食べたんですけどね。
別にヒマだったわけではないですよ!今日はヨガしにいきますがね!!

 

今回は前回に引き続き頭立ちのポーズ(シルシャアサナ)の練習法についてご紹介したいと思います。

 

 

まずは前回ご説明したように最初の壁である足を持ち上げる所です。

 

この足を持ち上げるところがなかなかできないという人は、ブロック低いイスなどを置いてその上に足を乗せたところからゆっくり浮かせる練習をしましょう。

 

まずは、膝を曲げた状態で浮かせるところまでです。この位置でキープできるようにしましょう。
ここで、前鋸筋を使って肘で床を押してバランスをとる感覚がつかめるようにしましょう。

 

それができたら、足を上に伸ばしていきます。
この足を上に伸ばす時は後ろに倒れるのが一番怖い所だと思うので壁に向かってやるといいでしょう。

 

後ろに倒れそうになったら膝を少しまげて壁に足をついて倒れないように支えましょう。

 

また、この足を上に上げていく時は少しコツがあり、頭の位置を越えないように少し手前に足を持っていくような感じでゆっくり上げていくと後ろに倒れにくく、肘で床を押して調節する練習にもなります。女性の方は腹筋の力が抜けやすいのでお腹に力を入れながら足を上に上げていくといいでしょう。

足が頭よりも手前にあると少し辛いかもしれませんが、この位置でキープできるようになったら、頭の上に乗せてバランスをとることは難しくないと思います。

 

 

 

 

こんな感じで練習してもらえればきっとできるはずですが、ある程度筋力も必要なので、練習しながらトレーニングをするなら一つオススメを教えておきたいと思います。

 

前鋸筋と腹筋のトレーニングになります。

うつ伏せで肘をついた状態から身体を持ち上げます。肘で床を真下に押す感じで背中を上に持ち上げていきます。
そのままキープします。最低でも30秒、1分できたら十分だと思います。キープ時間はご自身の強さによって調節してみて下さい。
基本的に身体は真っ直ぐで、お尻が上に上がらないように気をつけて下さい。

 

 

 

 

努力は必ず報われる!! by高橋みなみ fromAKB48

 

もうすぐ卒業ですね。
では!!

 

 

Sponsored Links

-Sponsored Links-




 - 俺がヨガを始めた話